ドライブ

三河の滝めぐり2010 愛知県民の森(前編)


今回の三河ドライブの目的地、愛知県民の森にやって来た。


愛知県民の森は、新城市の山中に作られた森林レクリエーション施設。
宿泊施設やキャンプ場、多くのハイキングコースがあり、手軽にアウトドアを楽しめる。


宇連山への登山道をはじめ、あちこちの尾根に展望台が作られていて、コースはかなり多い。
何度も訪れる価値がありそうだ。

今回は滝めぐりコースを歩く。
大津谷川沿いの林道をひたすら歩き、蔦の滝、亀石の滝、下石の滝と回るルート。
地図で言えば小文字のq字型ってところか。所要時間は3時間ほど。


出発地点のモリトピア愛知。4月上旬なので桜が満開。


天気が良くて、絶好の散策日和。
小川のせせらぎを聞きながら、のんびりと歩きます。


出発して5分ほど経過。
最初に見えてくるのが不動滝。林道の橋の下にかかっている。


落差はそれほど無いけど、広い滝壺と綺麗な水の色が印象的だ。


帰りに川原に降りて撮ってみた。周りの岩壁がなかなかの迫力。


ツツジが咲いてました。


そして延々と林道歩き。
起伏がないのでつまらないが、運動不足の体には意外とこたえる。


モリトピアから40分ほど。明治百年記念広場に到着。


ここで左へ。


途中のガクノ窪に小さな滝がかかっていた。
特に案内はないので、知らない人は通り過ぎてしまいそう。


水量は少なめ。


気がつけば谷がかなり狭まってきた。気温もみるみる上昇し、すっかり汗だく。


モリトピアから歩くこと1時間近く。ようやく蔦の滝・亀石の滝分岐に到着した。
次回に続く。

(下の地図のポイントはガクノ小滝の場所を指しています。)

URL
TBURL

コメントをどうぞ

Return Top