旅行

阿波・土佐紀行 第7回 轟の滝

轟の滝
今回は香美市香北町にある「轟(とどろ)の滝」。
また轟っすか?と思うかもしれませんね。四国や九州に多い滝名らしいです。

霧
国道195号線から県道に入ってゆく。道は細いが要所に案内が出ていて迷うこともない。
前夜の雨で霧が立ち込めていた。

対岸には棚田
霧が晴れると、対岸には棚田が広がっていた。
急峻な地形の多い四国には棚田も多い。

轟の滝駐車場
駐車場に到着。遊歩道は滝の周りをぐるりと取り囲むように作られている。

轟の滝
展望台から。80mの落差を三段になって落ちる。

轟の滝
広い釜ができている最上段の滝壺。

轟の滝
遊歩道を一周すると、最上段の釜をすぐ傍から見られる。

轟の滝
最下段の滝壺は見えないが、激しく水煙があがっている。

轟の滝
下から見た轟の滝。響き渡る轟音とたちこめる水煙。
展望台からだと優雅に見えた姿が一変する。

轟の滝






アンパンマンミュージアム
道の駅美良布(びらふ)に寄ってみると、目の前にアンパンマンミュージアムがあった。
(左の立方体な建物。右はホテル。)
ここ香美市香北町はアンパンマンの作者「やなせたかし」の出身地。
そういえば、電車とかバス停とかにもアンパンマンが書かれていたな。

ぼく、アンパンマン!
一定時間ごとに顔を見せるアンパンマン。

URL
TBURL

コメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top