能登紀行 第9回「NOTOえんむすびーち」

見附島
今回は珠洲市から見附島など。

たかだか日帰りドライブなのに、小出しにしているのでなかなか終わらない能登紀行。
多分、次が最終回。

NOTOえんむすびーち
珠洲市の沖合に浮かぶ見附島。その形から軍艦島とも呼ばれている。
地震や風波で年々侵食が進んでおり、いずれ姿を大きく変えてしまうかもしれない。

見附島
干潮時には歩いて傍まで渡れる。


恋路海岸
少し南下した所にあるのが恋路海岸。
見附島と恋路海岸の間は「NOTOえんむすびーち」と名づけられ、両方に鐘が置かれている。
これらの鐘を二人で鳴らすと恋が成就するらしい。
ちなみに今回は(今回も?)一人旅です。

見附島
恋路海岸から見た見附島。意外と大きい。

恋路駅
近くには、旧のと鉄道能登線の恋路駅がある。
すっかり草に覆われた線路跡に、「歓迎」の文字がなんだか寂しい。