熊野巡礼紀行 第4.5回「徐福公園」


1月に行った熊野紀行の付け足しです。新宮市にある徐福公園。


徐福というのは秦の始皇帝に仕えた人物。
始皇帝の命により、不老不死の霊薬を求めて東方へ旅立ったという。
中国・韓国や日本各地に伝説を残しているが、最後にたどり着いた先がここ新宮市だそうだ。


色鮮やかな門が目立つ徐福公園。門だけ見ればそこは中国だ。


中はこんな感じで、わりと普通の公園。売店では徐福グッズも販売されている。


紀州藩主・徳川頼宣が作らせたという「徐福の墓」もある。
徐福伝説というのは、かなり昔から流布している伝説なのだろう。
そして今でもロマンを掻き立てるらしく、新説・珍説が次々と現れている。
徐福の魂はまさに不老不死になったということか。


徐福像。


JR新宮駅のすぐ傍にあります。