像めぐり

大国主命


島根県出雲市、出雲大社で大国主命(おおくにぬしのみこと)の像をいくつか見かけた。
写真は因幡の白ウサギのワンシーン。


「人を欺いてはいけないよ」という寓話だったと思うが、いろいろ隠喩が含まれてそうなお話だ。


こちらは「ムスビの御神像」と名づけられた像。


説明を読んでもいまいち意味が分からないが、大国主命が幸魂奇魂を得る様子を表しているらしい。


大国主命。


海の彼方から飛んでくる幸魂奇魂。


出雲大社。

(撮影:2005年10月)

コメントをどうぞ

Return Top