俺の本棚

テルマエ・ロマエ


テルマエ・ロマエ I (ビームコミックス)

 今回もローマ関連、ヤマザキマリの「テルマエ・ロマエ」というマンガ。

 「ローマの浴場」という意味のタイトルが示すようにテーマは入浴文化。ハドリアヌス時代の古代ローマに住む浴場技師が、現代日本にタイムスリップするというお話で、カルチャーギャップを受ける様子がなんともコミカルで面白い。普段何気なく入っているお風呂も、非常に奥深いものだと思わせてくれます。

 自分の仕事柄か、日本人の風呂好きを痛感させられる場面がたまにあるのですが(特に温泉や露天風呂に対するこだわりっぷりは異常なくらい)、これも日本人のアイデンティティなのでしょう。

URL
TBURL

コメントをどうぞ

Return Top