中央構造線ドライブ 第4回 信玄滝

信玄滝
「遠山郷」と呼ばれる飯田市南部の旧・南信濃村、旧・上村地区。
山深い谷間の集落で、日本三大秘境のひとつと言われている。
今回の信玄滝は遠山郷を代表する滝で、武田信玄が訪れたという伝説が残っている。

ところで「日本三大秘境」。あとの二つはどこなんだろう。調べてみた。
椎葉村(宮崎)、祖谷(徳島)、白川郷・五箇山(岐阜・富山)、秋山郷(長野・新潟)など。
「三大」ものの常で候補地がいくつもあるらしい。
かつて僻地の代名詞だった「秘境」という言葉は、今では観光用の売り文句にすぎないのかも。
白川郷はもう秘境ではないと思っています。

お城の裏に信玄滝
さて今回は信玄滝。遠山川支流の谷にかかっている。

信玄滝
落差は20mくらいでしょうか。

信玄滝
水量はそこそこだったけれど高さがあるせいか、飛び散る水飛沫がすごい。
滝の正面に立つと、あっという間にびしょ濡れ。

信玄滝
向かって右側に見える岩盤も迫力がある。

そば処 信玄
滝の前にある城っぽい建物は蕎麦屋さんです。


より大きな地図で 中央構造線ドライブ を表示

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 確かに武田信玄の名はあちこちに轟いてますなぁ。

    奥飛騨の平湯温泉にも、信玄の隠し湯伝説があるみたいです。
    (実際に飛騨攻めの軍勢を率いていたのは山県昌景なのですが。)
    この信玄滝も、本当に武田信玄が訪れたかどうかは怪しいそうです。

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください