MENU

阿波・土佐紀行 第9回 祖谷のかずら橋

2009 4/03

かずら橋
四国紀行もようやく終盤。
今回は秘境・祖谷(いや)のかずら橋へ向かいます。

大歩危
国道32号線で再び徳島県へ。写真は大歩危。

大歩危
大歩危と小歩危では断層の向きが違うそうだ。
下流に向かっているのが大歩危。

道の駅「大歩危」
と、ここで天候が急激に悪化。あられ混じりの風雨で、道の駅「大歩危」に避難。
しばらく足止めを食らった。

中にあんこの詰まったあんちくしょう
ここはもともと「ラピス大歩危」という石の博物館だ。入口にもそれらしきものが置いてある。

日米を代表する怪物
微妙な取り合わせ。


かずら橋
祖谷トンネルでひと山越えてかずら橋へ。

かずら橋
手前に見えるのがかずら橋。
ちょうど数日前に架け替えが終わったばかり(3年に一度架け替えられる)。

かずら橋
スピーカーから流れる民謡に秘境ムードは高まるばかり。

かずら橋
かつての秘境も、今や四国を代表する観光地。次々と観光客が押し寄せていた。
ちなみに通行料は500円。俺は渡ってません。
より秘境っぽさを味わいたい人には、さらに上流にある「二重かずら橋」がお薦めらしい。

琵琶の滝
かずら橋のすぐ傍には「琵琶の滝」が落ちている。

琵琶の滝
落差は20~30mくらいかな。50mなんて資料もあったが、さすがにそこまでは無いだろう。

琵琶の滝
狭まった落ち口と周りについた苔が印象的。

琵琶の滝
滝名の由来は、平家の落人が都を懐かしんで琵琶を奏でた事から。
そういえば、ここ祖谷は平家の落人伝説でも有名な所だ。
壇ノ浦で入水したはずの安徳天皇は実は生き延びていて、祖谷に隠れ住んでいたという。

琵琶の滝
滝のすぐ傍に食堂がある。近すぎ。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください