MENU

日光けっこう紀行 第9回 足尾銅山

2009 1/09

足尾銅山
日光に別れを告げ、国道122号線で群馬県へ向かう。
途中、足尾銅山に寄った。

足尾銅山といえば明治時代に起きた足尾鉱毒事件で有名だ。
かつては日本一の銅産出量を誇ったというが、昭和48年に閉山。
今では精錬所などの旧施設と禿山だけが残っている。

足尾砂防ダム
精錬所などの施設を対岸に見ながら上流に進むと、こんな堰堤群があった。

足尾砂防ダム
足尾砂防ダム。砂防ダムとしては東洋一の規模だとか。
付近は銅(あかがね)親水公園として整備されている。

足尾砂防ダム
砂防ダムの壁面には、カモシカを描いた巨大陶壁画がある。

足尾砂防ダム
人がいないので大きさが分かりにくいけど、高さは15mもある。

足尾砂防ダムの上流
砂防ダムから上流。

足尾砂防ダムの下流
砂防ダムから下流。
確かに禿山ばかりなのだが、想像していたよりも緑が多い。
緑化運動のたまものなのだろう。

足尾銅山
精錬所。
かなり廃墟っぽいけど車が多数止まっていた。まだ稼動しているのかも。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください