熊野巡礼紀行 最終回「熊野本宮大社」


最終回は巡礼の最終地・熊野本宮大社。


この地方を車で走っていて驚いたのが、「熊野古道」の案内の多さ。
伊勢方面から熊野に向かうだけでも、20ヶ所くらいはあったんじゃないだろうか。
何の予備知識も無い人が見れば、「いったい熊野古道はいくつあるんだ」と思う事だろう。

「熊野古道」というのは、要するに現代の交通網から取り残された旧道といえる。
国道が峠に差し掛かるたびに、峠越えの旧道(=熊野古道)があるというわけだ。
伊勢以外にも田辺や高野山から向かう道など、かなり広範囲にわたる。
世界遺産指定と中高年の山歩きブームで、今では大人気のコースになった。


そんな熊野古道が目指す先はここ、熊野本宮大社。
社殿がいくつも並ぶ点は速玉大社・那智大社と同様だが、建物が古めなので風格がある。


参拝の順番まで決まっている。


少し離れたところにあった大鳥居。本宮のかつての所在地に建てられている。
高さは約34m、幅は約42mあって、日本最大の大鳥居らしい。



道の駅「奥熊野古道ほんぐう」。
藤原定家による熊野巡幸記の展示がなかなか興味深かった。


本宮町観光案内図。