西尾と吉良紀行 第1回「平原の滝」

平原の滝
昨年末は岡崎観光でしたが、今年は西尾市と吉良町をうろついて来ました。
まず第1回は「平原の滝」。滝マニアとしての義務感だけで訪れたようなものです。

平原の滝(里)周遊案内図
西尾市や幸田町の境に位置する茶臼山。ふもとから見ると電波塔ばかりが目立つ。
この茶臼山の根元に、今回目指す「平原の滝」がある。

平原の滝
駐車場から歩くこと数分で到着。
手前にあるのが小滝、奥に見えるのが大滝。

小滝
小滝。12本の竹の先から水が落ちている。うるう年にはこれが13本になるそうだ。
こういうものを滝と呼んでいいんだろうか。

平原の滝
大滝。案内図とずいぶん違うが気にしないこと。

平原の滝
岩の様子はなかなか趣きがある。

平原の滝
とはいっても人工滝ですが。

この滝は慈覚大師・円仁が発見したという。
一体彼はここで何を見たのか。この人工滝を発見したのだろうか。


203展望台へ
気を取り直して「203展望台」に向かおう。遊歩道は落ち葉で一杯だ。

203展望台
平原の滝から20分ほど登ると到着。
標高203mだから「203展望台」。日露戦争とはたぶん関係ない。

203展望台から
展望台から西尾市を一望。
平原の滝で受けたがっくり感を吹き飛ばす、なかなかの眺めだった。