続・木曽路紀行 第4回「牛ヶ滝」


柿其渓谷つづき。
遊歩道を15分ほど歩き、牛ヶ滝の前に到着。


遊歩道の途中からも見えるが、さらに進むと展望スペースがある。
崖の上なので結構怖い。


断崖に滝の轟音が響き渡る。


滝壺は透明度の高いエメラルドグリーン。


花崗岩の侵食具合もなかなか面白い。


柿其川本流にかかるため、大量の水が流れている。


2回目の訪問時の写真。


木に覆われてよく見えないが、上流から何段もの滝になっているみたい。

柿其渓谷のさらに上流には霧ヶ滝などがある。
遊歩道とは別の道になるが、林道を30分ほど歩いた先にあるそうだ。
だけど1度目は天候不良、2度目は体調不良で断念した。
次に行けるのはいつの事やら分からないけど、こんなに美しい渓谷なら何度でも訪れたい。