岡崎きらり紀行 最終回 心の文化都市

日没・岡崎・志賀重昻
最後は公園めぐり。岡崎中央総合公園と岡崎東公園へ。
本宿とかにも行きたかったのだけど、日没が早いので断念した。

まずは岡崎美術博物館。
広大な敷地を誇る岡崎中央総合公園にある。
「マインドスケープ・ミュージアム」だそうだ。いまいち意味不明だが。

岡崎美術博物館
この日の展示は「額田-その歴史と文化-」。
額田町との合併を記念した展覧会だった。
今まで全く関心のなかった地域だけど、なかなか興味深い展示でした。

岡崎美術博物館
建物自体はかなり立派で巨大なのだけど、展示スペースは意外と小さく感じる。
収蔵庫がかなり広いらしい。
何を保管しているのか知らないけど、ちょっともったいない気もする。


詳しい地図で見る

——————————————————————————–

うっきー
次にやって来たのは岡崎市東公園。ここもかなり広い。
駐車場に車を止め、ウロウロ歩き回っていたら動物園だったので寄ってみた。
ゾウなどいろんな動物がいるらしいのだが、夕方だったのでほとんど姿を見せてくれなかった。

ワラビー
ワラビー。

志賀重昻
この東公園には志賀重昻(しが・しげたか)の墓や銅像がある。
志賀重昻は岡崎出身の地理学者。「日本ライン」などの命名者としても知られる。

さらば岡崎
志賀重昻の視線の先には、岡崎の町並みが広がっていた。

これで岡崎も見納め。岡崎紀行完結です。


詳しい地図で見る