旅行

伊豆紀行 最終回 さらに西岸ドライブ


最終回も伊豆半島西岸ドライブ。
実際に行ったのは1月中旬なので、もう随分前の事ですね。ようやく今回で最後です。


とりあえず寄ってみた恋人岬。
伊豆半島を代表するデートスポットだけあって、立ち寄る車がかなり多い。


駐車場から展望台までは結構遠く、歩いて15分ほど。
アベックだらけの観光客に混ざり、一人で歩く気はとても起きなかった。
せっかくだけど入口で引き返す。


アロハ~、と思ったら違った。「I love you」を表す手話だそうだ。
一人旅のつらさが身にしみる。





伊豆市土肥(とい)、松原公園にある花時計。世界最大の花時計だそうだ。
風が強かったので、秒針がフラフラしていた。


近くには若山牧水の像があった。
旅行好きの歌人だけあって、日本各地に像や歌碑が作られている。





土肥から西伊豆スカイラインに向かう。
標高900m近い尾根を走る道路で眺望は抜群。交通量も少ない。


駿河湾や富士山を眺めながらのドライブ。


だるま山高原レストハウスにて。
晴天に恵まれた今回の伊豆旅行だけど、最後まで富士山の頂上は見えませんでした。





戸田(へだ)峠から再び海岸線へと降りてゆく。
写真は「瞽女(ごぜ)展望地」にて。戸田港と駿河湾を一望。


結構高いところなので、怖いくらい。





戸田峠から下りる途中、2つの滝に立ち寄った。まずは「よしの滝」。
カニの看板が目印。(タカアシガニは戸田の特産品。)


県道のすぐ近くにあり、手軽に見られる「よしの滝」。
小さな滝だが、階段状になった岩が面白い。





もう一つは「はかま滝」。


名前の由来は、末広がりになった最下段の様子が袴に似ているからだろう。


周辺は公園として整備されている。ガラス張りの滝見台にびっくり。





再び海岸線まで降りてきた。写真は「夕映えの丘」から見た戸田港。


沼津市井田の「煌めきの丘」。富士山の眺めが素晴らしい。
できれば、少しくらい頭を見せてほしかったのですが。


最後は大瀬崎の近くから。
富士山の見える景色って良いですね。また行きたいです。


より大きな地図で 伊豆紀行 を表示
URL
TBURL

コメントをどうぞ

Return Top