MENU

伊豆紀行 その6 半島西岸ドライブ

2010 5/24


最終日はひたすらドライブ。
伊豆半島西岸は、海と富士山が見える絶景スポットが目白押し。


まずは伊豆半島最南端、石廊崎に行く。


駐車場から歩いて15分くらい。登り坂になるので、意外ときつい。


かつてテーマパークだったらしき廃墟の横を通る。


なんだか寂しい。


石廊崎灯台。海の向こうにぼんやり見えるのは新島とか神津島とかでしょうか。


石廊崎の先端。穏やかに見えるけど風がメチャクチャ強い。


でかい風車がいくつも建っている。


断崖の中に造られた石室神社。


ふと下を覗いてみたら、釣り人がいた。びっくり。


駐車場にあった役の行者(えんのぎょうじゃ)の像。
修験道の祖と言われる人物で、妖術で人を惑わせるからと伊豆に配流されたそうだ。



愛逢岬(あいあい岬)から。ここは奥石廊の風景を眺める定番スポット。



波勝崎(はがちざき)近くの夕日ヶ丘展望台。


波勝崎に野猿公園があるそうで、ここには猿の像が置かれている。



松崎町に入ると富士山が見えてきた。
険しい海岸と駿河湾ごしに眺める富士山。これぞ伊豆ドライブの醍醐味だ。



西伊豆町安良里(あらり)という所にある神洞滝に寄ってみた。


水量は少なめだが、60m以上の落差がある。


海からわりと近い所に、これほど大きな滝があるとは。


なかなか見事な滝でした。



最後は黄金崎(こがねざき)。黄色く変色した岩肌がまぶしい。


風が強くて立ってられませんでした。


より大きな地図で 伊豆紀行 を表示

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください