旅行

伊豆紀行 その1 伊豆の国へ


1月中旬に伊豆まで行ってきました。
ずいぶん前の話で申し訳ございません。

この日は全国的な冬型。
高山はもちろん雪だったが、どこまで南下しても雪が降っている。
浜松でも雪が舞っていたのには驚いた。


写真は飛水峡。七宗町の道の駅から撮影。
冬に東海北陸道は通りたくないので、国道41号線で南下しています。





富士川SAにて富士山とご対面。


噂のB級グルメ「富士宮やきそば」を食す。

沼津ICで東名を降り、いざ伊豆半島へ。
・・・と思ったら東駿河湾環状道とかいうのに迷い込んでしまった。
ナビにも地図にもなかったから、まだ新しい道なのだろう。
どこまで連れて行かれるのか不安だったが、やがて国道1号線に合流した。
三島や沼津市街地のバイパス的な道路らしい。





気を取り直して伊豆の国市、韮山町の蛭ヶ小島に到着。
ここは源頼朝が流刑にされた場所と言われている。
(「伊豆の国」市っすか・・・。なんともはや。)


建てられているのは源頼朝と北条政子の銅像。
ここは二人が出会った地でもある。
伊豆の一豪族に過ぎなかった北条家は、やがて鎌倉幕府の実質支配者となった。
何がきっかけになるか分からんものですな。


彼らの視線の先にあるのは、たぶん富士山。





お次は韮山反射炉。


反射炉というのは鉄の精錬に用いられる炉の一種。
幕末期に日本各地で作られたそうだが、現在残っているのは萩市とここ韮山のみ。
近代化産業遺産に認定されている。


より大きな地図で 伊豆紀行 を表示
URL
TBURL

コメントをどうぞ

Return Top