ドライブ

白山市紀行 第1回 白山スーパー林道


2005年、石川県に誕生した白山市。
松任市、美川町、鶴来町、河内村、吉野谷村、鳥越村、尾口村、白峰村の8市町村が合併。
白山山頂から日本海をつなぐ広大な市域で、その面積は石川県最大を誇る。

ただ、白山市というネーミングには若干の違和感を感じますね。
市内を貫く手取川の名をとって、手取市にするのが自然だと思いますが。
(ちなみに石川県という県名の由来はこの手取川の通称から。)

ま、そんな事はともかく9月中旬に石川県白山市へと行ってきました。
いつものように急ぎ足の日帰りドライブです。今回は白山スーパー林道。


毎度おなじみ白川村・馬狩ゲートから入場。ヘアピンカーブや急勾配の上りが続きます。
ちょっと雲は多めですが、いい天気になりました。


白川郷展望台近くから。


三方岩トンネルを抜けると石川県。白山が見えてくる。


「白山」スーパー林道とは言っても、白山までは結構遠い。


石川県側に入ると谷の内側になるため風景がかなり変わる。


所々で岩肌を見せる迫力の渓谷。荒々しさに圧倒されそうだ。


ふくべの大滝
白山スーパー林道といえばもちろん滝は見逃せない。
とはいえ、この時期はやっぱり水量が少ないですね。


姥ヶ滝。面倒だったので林道からの遠望のみ。


かもしか滝。ほとんど水が見えない。


岩底の滝はまだ水量多め。


しりたか滝は岩が濡れている程度。


となりの岩壁の方が目立ってました。

URL
TBURL

コメントをどうぞ

Return Top