山歩き

八ヶ岳ドライブ 第2回 横谷渓谷(後編)

王滝
横谷渓谷続き。
今回は上流へと向かい、渋川にかかる滝を見ていく。

霧降の滝
まずは乙女滝から10分ほどで着く「霧降の滝」。

霧降の滝
落差はそれほどなく、横谷渓谷の他の滝に比べると地味かも。

霧降の滝
横から見たところ。




横谷渓谷
屏風岩の近くにて。

横谷渓谷
いい感じの渓流が次々と現れる。
岩が赤茶けているのは水が酸性だから。魚もいないらしい。




王滝
お次は王滝。横谷観音展望台から見えた滝だ。
少し下流にある傾いた橋を渡ると接近できる。

王滝
横から見るとこんな感じ。

王滝
展望台からは気づかなかったが、王滝は二段の滝だった。
下段は滝見スペースのすぐ横を流れ落ちている。

王滝
遊歩道途中にある展望台から。下段の滝がうっすらと見える。

王滝




おしどり隠しの滝へ
そして「おしどり隠しの滝」へと向かう。
王滝展望台以降の遊歩道はちょっと険しくなる。そして結構遠い。

おしどり隠しの滝
15分ほど歩いて「鴛鴦隠しの滝」に到着。
(「おしどり」を漢字で書くとこんな字なんですね。読めませんな。)

おしどり隠しの滝
滝は長大な渓流瀑。
時期のせいか、チャツボミゴケ(酸性の水に生える苔)の緑はいまいちだった。

おしどり隠しの滝
隣にあるのは明治温泉の建物。

全体的には歩きやすくて、快適な散策が楽しめた横谷渓谷。
(横谷観音展望台・おしどり隠しの滝付近はちょっと険しいけど。)
天気がやたら良かった事もあって、印象に残っているのは川床の赤さばかり。
次は緑の濃い季節に行きたいです。


より大きな地図で 中央構造線&八ヶ岳ドライブ を表示
URL
TBURL

コメントをどうぞ

Return Top