旅行

中央構造線ドライブ 第5回 日本のチロル

下栗の里
今回は飯田市上村の下栗地区。ここは遠山郷の中でも、まさに秘境。
南アルプスを見渡す急斜面の山腹に開かれた集落で、「日本のチロル」と呼ばれている。

下栗の里
下栗の里は標高約1000mの東南向き斜面にあり、日当たりはいい。
昼と夜の気温差が激しいため、ここで作られたじゃがいも・茶・蕎麦などはとても美味しいという。
それにしても、この斜面でじゃがいもを収穫するのは大変そうだ。
谷底まで転がってしまいそう。

下栗の里
集落内の道路は狭く、写真を撮ろうにも車を停めるスペースがない。
風景にただただ驚嘆しながら通り抜けていると、集落の一番高い所に着いてしまった。
リサーチ不足で定番の撮影ポイントが分からずじまい。残念。
次に来る事があれば、じっくり集落内を歩いてみたい。

信州サンセットポイント100なんてのがあるのか。初耳。
雲がかかっていて、あいにく聖岳は見えなかった。


より大きな地図で 中央構造線ドライブ を表示
URL
TBURL

コメントをどうぞ

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Return Top