旅行

阿波・土佐紀行 最終回 祖谷渓など

小便小僧
帰途は、かずら橋から下流の祖谷渓を通ります。

祖谷渓
祖谷渓(いやだに)は祖谷川流域にある渓谷。
高さ数百mに及ぶ深いV字谷は、まさに深山幽谷の趣き。

祖谷渓
道路は谷底から100m以上の高さを走る。
思ったよりは整備された道路だけど、対向車とのすれ違いにはかなりドキドキ。

ホテル祖谷温泉
断崖に建つホテル祖谷温泉。
ケーブルカーで谷底の露天風呂まで行くらしい。怖そう。

祖谷渓から国見山方面
国見山(1409m)をはじめ、周りは1000m以上の山々。
(国見山の向こう側には大歩危・小歩危がある。)
先程の温泉くらいしか人家がないので、秘境ムード満点。

小便小僧
そんな渓谷の中にひとり佇む小便小僧。

小便小僧とお賽銭
なぜかお賽銭が。






阿波の土柱
阿波の土柱。
徳島自動車道を走っていたら「土柱」の看板を発見したので寄ってみた。
阿波PAから徒歩数分で着く。

波濤嶽(はとうがだけ)
風雨で浸食された地層が柱状に残っている。なんだか不思議な光景だ。
イタリアのチロル地方、アメリカのロッキー山脈と並んで「世界三大土柱」のひとつだそうで。

というわけで、長々と続いた四国紀行はこれにて終了です。

そういえば帰り道。明石海峡大橋から見た神戸の夜景が忘れられない。
まるで光の中に飛び込んでゆくような、そんな素晴らしい景色でした。

URL
TBURL

コメントをどうぞ

Return Top