MENU

加賀百万石紀行 第3回「ハニベ巌窟院」

2007 10/06

大仏
小松市が誇る珍スポット、ハニベ巌窟院に向かう。
ここはマニアの間ではわりと有名な場所らしい。

大仏
いきなり大仏がお出迎え。
荘厳な中にもユーモラスさがあふれている。
だが大仏の周りには水子地蔵群が並んでいた。
ここには軽い気持ちで来てはいけないのではないか、そんな気にさせられる。

いらっしゃい
そんな俺の気持ちをあざ笑うかのように、なぜかゾウとライオンが出現。

弘法大師
洞穴の中には、弘法大師をはじめとする仏教界のオールスターが揃い踏み。

西田幾多郎
かと思えば唐突に西田幾多郎(哲学者)の像があったりする。
このハニベ巌窟院の創始者は、有名な彫刻家だそうだ。

あうん
他に客がいなかったので、かなり心細い。
実際のところ、もう帰りたい気分になってきた。
だが勇気を振り絞ってメインの巌窟に潜入する。

黄金の招き猫
黄金の招き猫。

いらっしゃいませ、こんにちはー
地獄門。

たけなわ
鬼の宴会。

調理室
コックさん。

最近どうよ
シーマン。

エグい
へび地獄。

閻魔大王
閻魔大王。

少し変な物も混じっていたが(以前はもっと変な地獄があったそうだが)、雰囲気だけでもう十分に地獄めぐりだ。
早く外に出たい。

涅槃で待つ
外に出るとこんな看板。「ねはんマデ百米」とある。
もうお腹いっぱいな気分なのに、感覚がマヒしてきたのだろうか。
足は自然に「ねはん」へと向かっていた。

ここが涅槃かぁ
ひどくぬかるんだ山道を歩き、なんとか「ねはん」らしき所に到着。
ここにあったのは、

涅槃像
涅槃像でした。

岩窟王
それと巌窟王の像。

ハニベ巌窟院。
何と言うか、かなり独特な雰囲気を持つ場所だった。
油断してたら心がどこかへ行ってしまいそう。