越前 滝と戦国と禅の道紀行 最終回 弁ヶ滝と御堂の滝

最終回は勝山市。
勝山市といえば越前大仏や勝山城といった怪しげなスポットが有名だけど、今回はスルー。

法恩寺林道から
弁ヶ滝・御堂の滝を目指し、法恩寺林道で山を登ってゆく。
途中スキー場のゲレンデ内を通ったり、リフトの下をくぐったりするけど、眺めはなかなか良い。

弁ヶ滝
20分ほど走り続けても対向車がなく、不安になってきた頃ようやく弁ヶ滝が見えた。

弁ヶ滝
滝の名前は、ここで身投げした「弁の君」という人にちなんでいるらしい。

弁ヶ滝
滝のすぐそばまで近寄ることができる。
薄暗くなってきた事もあって、遠望した時とは随分印象が違う気がした。

弁ヶ滝
左に蜂の巣らしきものが見える。

弁ヶ滝
岩壁に囲まれた空間はかなり心細い。

御堂の滝
弁ヶ滝から再び林道を先に進むと、今度は「御堂の滝」がある。
「御堂」と書いて「のど」と読むそうだ。

御堂の滝
二段になって落ちている。

御堂の滝
駐車場や滝見台が整備されていて、簡単に見ることができた。

蛇行する九頭竜川
夕もやに霞む勝山盆地。