MENU

幻の古代遺跡! 富山の奥地に謎の石化人類を追え!!

2006 12/07

石仏の森をくぐり抜け、さらなる神秘を求めて先を急ぐ。
そこで我々探検隊が目にしたものは・・・。

ふれあい石像の里

普通の人々
こ・・・これは・・・。

普通の人々
何と言って良いのやら・・・。

その時である。

「隊長、あれを!」

隊員Aが指差す先には、我々を狙う獰猛な野獣がいた。

カモシカがあらわれた

隊員A「たたた隊長、どうしましょう?」
隊長「落ち着け。こういう時は落ち着きが肝心。とりあえず銃だ、銃をもてい。」
隊員A「そんな。相手は特別天然記念物ですよ。」

カモシカ
探検隊の運命やいかに。


普通の人たちの大群
ここは「石仏の森」からさらに奥に進んだところ「ふれあい石像の里」。
420体の人間像と、300体の羅漢像があるらしい。
なんだか悪い夢を見ているような空間だった。

ヒサオさんと武夫さん
これら人間像は、 「石仏の森」創設者がお世話になった人たちをモデルにしたもの。
ご丁寧に名前まである。左はヒサオさん。右は武夫さん。

笑顔が素敵
女性もいた。