旅行

山陽紀行 第3回 岡山市

岡山市といえば後楽園。どんよりとした冬空のもと散策してみた。

後楽園
「天下の憂いに先んじて憂い、天下の楽しみに後れて楽しむ。」が、後楽園の名前の由来。
岡山城が見えて、なかなか良い感じの風景。
芝生が緑ならもっと良いと思うが。

後楽園
夏だったら涼を感じさせてくれそうな建物もあったけど、今の季節では寒々しさが増すばかり。

後楽園
観光客が少なく、風に吹かれて結構寒かったものの、落ち着いた雰囲気はまさに別世界。
暖かい季節なら、いろいろな種類の花が見られてもっとよろしいでしょう。

Return Top