旅行

山陽紀行 第2回 備前市

姫路から国道2号線で西へ向かう。揖保川を渡り、相生市、赤穂市を通過。
このあたりのトンネルで工事をしていたのでかなり渋滞した。

で、岡山県備前市に到着。めざすは閑谷(しずたに)学校。

閑谷学校
閑谷学校は池田光政の発案によってできた日本最古の庶民向け学校。

儒教関連の建物が多くて、なんとなく中国的なたたずまい。
閑谷なんていうだけあって、かなり静かな谷あいに閑谷学校はあった。静かすぎ。

閑谷学校
それにしても、なんでこんな山の中に作っちゃうかね。
入学者は事実上の軟禁状態じゃないか。

江戸時代の頃はかなり先進的な学校だったらしく、全国各地から見学者が相次いだらしい。
今でこそこんなに寂しい状態だけど、かつては若者で賑わっていたのかと無理矢理トリップしてみるのもいいかもしれない。

閑谷学校 講堂
講堂は国宝に指定されている。誰かいませんか。

辺鄙なところにあるせいか、観光客は俺だけ。
併設されていた資料館は入場券の半券がいるんだけど、セルフサービス状態。
春になれば芝生が緑色になるので、もう少し寂しさは薄れるかもしれない。

Return Top