MENU

雲間の滝

[tabs]
[tab title=”2009年5月”]


5月中旬、早朝の訪問。


松本方面への国道沿いなので何度も通過しているのだけど、写真を撮るのは久しぶり。


この日の水量は若干多め。とは言っても、よく見えないけど。


5月中旬にしてようやく新緑。さすがにこの辺りは遅いですね。



少し場所を変えて、雲間の滝右側にある滝を。


チェーン着脱所からすぐ見えるので、こちらの方が手軽な感じ。


梓川ごしにはるか彼方を遠望。
自分が記憶していたよりも、ずっと高い所にかかっていた。
あんなに高かったっけ?というくらい。

[/tab]
[tab title=”2007年5月”]


松本市安曇。梓川支流の障子ヶ瀬にかかる「雲間の滝」。


国道からはるか向こう。真っ昼間のまぶしい日差しの中、よーく目をこらすと滝っぽいものが。
そしてその少し上には水煙が立ち込めている。


もうもうと上がる水煙で滝の姿を想像するしかない。
落葉した後ならもう少し見えるのかも。



向かって右側にも滝がある。
こちらの方が見つけやすいせいか、この滝が「雲間の滝」と呼ばれる事も多い。
普段の水量は少なめ。


どっちにしろ、かなり遠いが。

[/tab][/tabs]


<アクセス>


国道158号線、雲間の滝トンネル南口あたりから遠望する。
沢渡(さわんど)と坂巻温泉の間付近にあるチェーン着脱場が目印。
交通量が多いので注意しよう。

コメント

コメント一覧 (1件)

  • 初めまして、松本にあるタクシー会社、第一交通の小林といいます。
    ホームページを立ち上げるのに、タクシー観光のモデルコースを作成する中で、雲間の滝の写真を探していました。
    あなた様の写真が、美しく見映りの素晴らしいものですのでをお借りできないか、このような形でご連絡をさせていただきました。ご返事をお待ちしております。

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる